富山県下新川郡入善町 鍼灸マッサージ院がじゅまる。 鍼(針)・灸(はりきゅう)・マッサージ・あん摩・指圧



お問合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
完全予約制 Tel.0765-76-0781
トップページ > 施術メニュー

鍼灸治療について

鍼灸治療Acupuncture&Moxibustion therapy

鍼画像

鍼や灸は、体の表面から刺激を与えて、体を調整する治療法です。
体には母胎の中・出生時の状態、栄養状態、生活習慣、仕事内容、人間関係、トラウマ、 今までに罹った病気・怪我等により微妙な歪みが生じます。それらの歪みの結果、現在の体の状態に至ったと考えます。

 歪みは冷え、熱、痛み、痺れ、凝り、痒み、動作の異常等の形をとって現れます。また、 腹部の痛み、しこり、動気(これらを(しゃく)と言います)として現れます。このような症状 は気のかたよりによって引き起こされると考えます。

お腹に全身の状態が現れるという東洋医学的な視点により、一番重要な気の異常を「積」とします。この「積」を腹部、背部、手足に鍼や灸で刺激することにより緩解させます。 その結果、全身の気のバランスが整い、自然治癒力が高まって体が根本から治って きます。
鍼1本の刺激が全身に影響を及ぼすという考えから、1本刺鍼するごとに体の反応を確認しながら丁寧に治療を進めていきます。

ページトップへ戻る

当院で使用している鍼・お灸Acupunctur&Moxibustion

 鍼 てい鍼 

当院では滅菌済み使い捨て鍼・鍼皿を使用しております。
右側の鍼は「てい鍼」といって先がまるまっていてささらない棒状の鍼です。
主に小児、感受性の強い方に使用します。

透熱灸

透熱灸

米粒くらいのもぐさを燃やしきります。皮膚が赤くなったりして跡がつくことがありますが、徐々に消えていきます。
わざと炎症をおこし、それを修復しようとする人体の反応を利用して、免疫力を高める効果があります。

間接灸

間接灸

筒の中が空洞になっており、もぐさが直接触れていないのでやけどをおこしにくく安全です。心地よい温かさです。
患者様にご家庭でお灸をしていただく時に使用したりしています。

 知熱灸 

知熱灸

親指の先くらいのもぐさを燃やし、熱さを感じたら途中で取り除きます。
心地よい温かさで、体表面を温めます。

 

※どのお灸を使用するかは患者様のお体の状態によって選択しますが、跡が残るのが嫌な方はお申しつけ下さい。

ページトップへ戻る

治療の流れFlow of the treatment

①予診票の記入 お体の状態、症状を予診表に簡単に記入していただきます。
②問診 予診表をもとにしてお体の状態についてお話をお伺いいたします。
③検査 痛みのあるところ、関節の動き、凝り、姿勢等を確認します。
④治療(仰向け) 腹部接触鍼→脈の調整→腹部触診(腹部の痛み、しこり、動気のあるところにより治療方針をたてます。)
⑤治療(うつ伏せ) 背腰部接触鍼→背腰部に鍼や灸を用いて施術。(うつ伏せになれない場合は横向きで行います)
⑥治療(仰向け) 腹部の積の確認→必要があれば手足、腹部に鍼や灸を行います。
⑦治療(座位) 肩上部に鍼。全体のバランスの確認
⑧確認 症状の確認・アドバイス
ページトップへ戻る

鍼って痛い?About Pain

鍼は0.14mm~0.2mmほどの太さで髪の毛ぐらいのものを使用しております。

思ったより痛くなかったと言っていただくことが多いですが、毛穴や痛点に当たると痛く感じることもありますので、その時は我慢せず、お申し付け下さい。

         

鍼は痛く感じましたか?(アンケートより)

  • 大丈夫でした。  30代 女性
  • 痛みはそれほど感じませんでした。  60代 女性
  • 全く思いません。  30代 女性
  • 予想に反して痛くありません。  40代 女性
  • さほど痛くない。  60代 女性
  • 体はないが、顔や頭の一部は痛く感じた。  40代 女性
  • 親指あたりの鍼のみ痛く感じました。  50代 男性
  • 鍼を刺す感触はあるが、不愉快を感じるものではない。  40代 女性
  • 全然痛くありませんでした。  60代 男性
     
ページトップへ戻る

鍼灸適応症Acupuncture&moxibustion indication

NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療としての効果について有効であると発表しました。

WHO(世界保健機関)鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次のものを挙げています。

神経系疾患 脳出血、脳軟化症、半身不随、言語障害、頭痛、片頭痛、脳充血、脳貧血、めまい、船酔い、不眠症、神経衰弱、ヒステリー、ノイローゼ、鬱病、チック症、脊髄炎、顔面神経麻痺、三叉神経痛、腰痛、坐骨神経痛、肋間神経痛、肩こり、自律神経失調症等
消化器疾患 急性胃炎、慢性胃炎、胃下垂症、胃痙攣、胃酸過多症、胃潰瘍、慢性腸炎、虫垂炎、黄疸、下痢、肝機能障害、胆石症、脱腸、痔核、脱肛、口内炎等
運動器疾患 五十肩、頸肩腕症候群、関節リウマチ、筋肉リウマチ、腱鞘炎、弾発指、関節炎等
循環器疾患 心悸亢進、心臓神経症、動脈硬化症、高血圧症、低血圧症等
呼吸器疾患 感冒、咳、気管支炎、気管支喘息、肺結核、胸痛等
泌尿器疾患 急性腎炎、慢性腎炎、腎盂炎、腎臓結石、膀胱炎、尿道炎、尿閉、ネフローゼ、頻尿等
内分泌疾患 貧血、バセドウ病、糖尿病、脚気等
外科疾患 リンパ腺腫、しもやけ、ひょうそ、打撲、捻挫、肉離れ、頚椎ヘルニア、椎間板ヘルニア
皮膚病 乾燥肌、アトピー性皮膚炎、かぶれ、蕁麻疹、湿疹、ヘルペス、帯状疱疹等
婦人科疾患 月経障害、月経困難、子宮内膜症、月経痛、子宮出血、子宮筋腫、卵巣嚢腫、冷え性、不感症、逆子、更年期障害、つわり、乳腺炎、不妊症、不定愁訴等
小児疾患 夜泣き、かんむし、消化不良、小児喘息、慢性中耳炎、夜尿症、小児麻痺等
眼・耳・鼻疾患 花粉症、アレルギー性鼻炎、ものもらい、結膜炎、眼底出血、眼精疲労、仮性近視、耳鳴り、難聴、中耳炎、鼻炎、鼻出血、蓄膿症、咽頭炎、扁桃炎、歯痛等

ご予約はTEL 0765(76)0781


ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) 2015,Gajyumaru, All Rights Reserved.